ミネソタで開催された第11回国際家族看護学会に宮林さん、桑田さん、古瀬が参加しました。

これまで研究してきた緩和ケア教育、在宅緩和ケアや終末期の家族ケアについて、それぞれ発表を行いました。海外の研究者たちの看護実践や研究に対する熱い思いに心動かされ、「よし、頑張るぞ!」という気持ちになったのは私だけではないと思います。

会場があるミネアポリスのNicolletはとても美しい街並みでした。ぜひまた訪れたいと思ったほどです。

第12回はブラジル サンパウロで開催されます。
あまりにも遠方のため参加できるかどうかわかりませんが、「行くぞ」という目標だけは持ち続けたいと思います。
b0218087_206772.jpg
b0218087_2061592.jpg

b0218087_2062270.jpg

[PR]
by yamagata-ymatsuna | 2013-06-26 20:07 | 活動報告
<< 7月6日、山形ファミリーナーシ... 山形ファミリーナーシング研究会... >>