7月6日、山形ファミリーナーシング研究会企画セミナーを行いました

テーマは「家族面接の技法―在宅での見取り支援に向けて」です。
家族の強みを引き出すコミュニケーション技術について講義と演習を行いました。

また、宮城県大崎市の訪問看護ステーションあゆみ 訪問看護師 木村恵子さんより事例提供をしていただきました。
家族の強みとは何か、家族の強みを引き出すための看護師の関わりについて考えることができました。
b0218087_1146766.jpg

ロールプレイは真剣かつ和気あいあいと進行し、参加者の方々より楽しかったというご意見をいただきました。
b0218087_11463111.jpg

b0218087_11465489.jpg

b0218087_1285511.jpg

家族ケアは特別なことではありません。
患者さん、利用者さんのいるところには家族もいます。
そのことを忘れず、患者さん、利用者さんに接することが基本です。

山形ファミリーナーシング研究会では、事例検討会を行っております。
今年度の予定は以下のとおりです。
参加をご希望される方は、古瀬までご連絡ください。
また事例提供は大歓迎です。
気軽にご相談ください。
9月8日(日)13:00
11月10日(日)13:00
[PR]
by yamagata-ymatsuna | 2013-07-08 12:11 | 山形ファミリーナーシング研究会
<< 平成26年度の開催予定が決まりました ミネソタで開催された第11回国... >>